ACEFAST T2を徹底レビュー|ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン

5 min 346 views
ACEFAST T2を徹底レビュー

ノイズキャンセリング機能付きで5980円で買えるワイヤレスイヤホン「ACEFAST T2」をレビューしていきます。

  • ノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスイヤホンがほしい
  • Air Pods Proは高すぎるのでコスパのいいイヤホンを探している

そんな人に読んでほしい記事です。

ACEFAST T2のすごいところは「低価格でありがなら、ほしい機能がしっかり付いている」こと。

ACEFAST T2の機能
  • ノイズキャンセリング機能
  • 外部音取り込み機能
  • Hi-Fi高音質ステレオサウンド
  • ENCノイズリダクション
  • マイク内蔵
  • IPX4
  • イヤホン単体最大7時間再生

と、本当に5980円なの!?と驚くほど機能・性能モリモリ。

びわ

びわ

最大7時間再生ってすごい〜!(Air Pods Proで最大4.5時間再生)

他の記事にはない、辛口なレビューとなっているので、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

高すぎるイヤホンは「失くしたらどうしよう」となかなか気軽に使えませんが、ACE FAST T2は外で気軽に使える最高のイヤホンでした。

ACEFAST様から商品を提供していただき記事を書いております。この記事を読んでくれた方には私の率直な意見をお伝えしたいので、「ここはいまいちだな」と思う点もしっかりとご紹介しておりますのでご安心ください。

ACEFAST T2の特徴

価格5,980円
発売年2021年
Bluetooth規格5.2
機能・性能ANCアクティブノイズキャンセリング機能、ENCノイズリダクションクリア通話、外部音取り込み機能
Hi-Fi高音質ステレオサウンド、IPX4(耐汗耐水性能)、超軽量(45g)、イヤホン単体最大7時間再生
カラーブラックのみ
同梱物取扱説明書、充電ケース、イヤホン、充電用USBケーブル(USB Type-C)、イヤーピース(S・M・Lの3セット)
対応機種Xiaomi / iPhone / Samsung / Huawei / Android
充電時間イヤホン:約1.5時間
充電ケース:約2時間
連続再生時間イヤホン:7時間
充電ケース使用:35時間

ACEFAST T2の1番の特徴は、5980円という低価格で、ノイズキャンセリング機能に加え、最大7時間も再生できるワイヤレスイヤホンだということ。

外で突然雨が降ってきても、お家で筋トレやヨガをして汗をかいても、水の侵入を防いでくれるので安心して使用できます。

また、充電ケーブルはType-Cなので急速充電に対応。あっという間に充電が終わるので、音楽をよく聞く人にとって嬉しいポイントかも。

ACEFAST T2を徹底レビュー|ノイズキャンセリング機能付きで4000円台はすごい

ACEFAST T2を徹底レビュー
ACEFAST T2の箱の裏

それじゃ、さっそく開封していくよ!

ACEFAST T2を開封

箱の蓋を開けてみると、ACEFAST T2がピッタリとスポンジに包まれていました。

下の部分には、イヤーピースと充電用のUSBケーブル(USb to TypeC)が入っています。

ACEFAST T2の同梱物

全て出してみるとこんな感じ。

左上から、充電用のUSBケーブル、充電ケースとイヤホン、イヤーピース(イヤホンにMサイズが装着してある)、取扱説明書。

ACEFAST T2の取扱説明書

取扱説明書は、様々な言語で書かれていました。

日本語の説明は説明書の最後の方にあり、「右イヤホンを成功にペアリングした」と少し独特な言い回しです。

それでも、必要なことは全て書かれているので、困ったときにとても役に立ちます。

ケース|形やデザインが可愛い

ACEFAST T2の充電ケースが可愛い
ACEFAST T2の充電ケース

まずね、ケースの形やデザインが可愛い。

ACEFAST T2の充電ケースは上に開く

コスメのように上にパカっと開くタイプのケースなのですが、これがすごくいいんですよね。

毎回蓋を開くときにワクワクしてしまうのは…可愛らしい形のせいかな?

あと、色がマットなブラックなのも気に入りました。

テカテカツルツルは嫌いなので、このサラッとしたマットなケースがすごく嬉しい。

びわ

びわ

形がせっかく可愛いので、黒以外のカラーも用意してくれたら嬉しいな。くすみピンクとかあったら発狂しちゃうのに。

ケースのLEDランプでバッテリー残量を確認

ACEFAST T2のバッテリー残量はケースで確認

ケースの蓋を開くと、緑や黄色、赤色にLEDランプが点灯します。

このLEDランプの色で、バッテリー残量の確認ができて便利でした。

突然バッテリー切れが起こらないように充電する目安として使えます。

イヤホン|カナル型でイヤーピースはS・M・Lの3セット

軽い付け心地のACEFAST T2のイヤホン

イヤホンはカナル型で、S・M・Lのイヤーピースが3セット付いてきます。そのうち、Mサイズはイヤホンに装着された状態でした。

ACEFAST T2のイヤホン
ACEFAST T2のイヤホンは軽い

イヤーピースを交換するときは、1度取り外したあと好きなサイズを装着していきます。

ACEFAST T2のイヤーピース交換

耳の中に押し込まれたような圧迫感は全くなく、軽くてやさしい付け心地です。

ペアリング|1度設定すれば次からケースから取り出すだけで自動接続

スマートフォンとACEFAST T2をペアリングしていきます。

ACEFAST T2のペアリング

iPhoneであればBluetoothACEFAST T2を選択でペアリング完了。

びわ

びわ

接続が簡単だと嬉しいぃ!AirPods Proのように1度ペアリングを行えば、次からはイヤホンをケースから取り出すだけで自動で接続するのはいいですね。

ACEFAST T2はペアリングすれば次から自動接続
2回目は自動で繋がっている

AirPods Pro以外のワイヤレスイヤホンでも1度ペアリングすれば、次からは自動で接続してくれるんですね。

iPhoneとも相性がよくて驚きました。

操作性|軽く触れるだけでOK

ACEFAST T2の使い方

イヤホンの先にある指紋マーク(多機能ボタン)をタッチして操作します。

モード切替2秒長押し
・ノイズキャンセリング
・外部音取り込み
・一般モード
電話・電話を受ける(2回タッチ)
・電話を切る(2回タッチ)
・電話を拒否する(2秒長押し)
音楽・再生 / 停止(1回タッチ)
・前の曲(1回タッチ)
・次の曲(1回タッチ)
Siri左のイヤホンを3回タッチ

ちなみにですが、音量の調節はできません。ここはAirPods Proと同じでした。

あと、1クリックで再生・一時停止なのですが、クリックといっても少し触れるだけでOKなので、耳に髪をかけたりするだけで止まってしまうこともよくあります。

モード切り替え|音声案内が分かりにくい

ACEFAST T2のモード切り替えは音声が流れる

指紋マークを2秒間長押しすると、モードを切り替える(ノイズキャンセリング機能・外部音取り込み機能・一般)ことができるのですが…

ANC ON!OFF!

同時に音声が流れます。

「ANCゥオオオン」で、もう1つがオフ。3つ目は何を言っているのか、何度聞いても分かりません。

びわ

びわ

(私のリスニング力の低さが原因ですよね…)

また、この音声をモード変更のたびに聞く必要があります。

「発音が良すぎて聞き取れない人もいるのでは!?(とくに私)」と思うので、音声はいらないからピッなどの効果音を鳴らしてほしいな〜と思いました。

音質|感動するほどではないが綺麗

ACEFAST T2の音質は意外といい

商品を提供してもらってから、毎日使用しています。

想像していた以上に綺麗な音で驚きました。

びわ

びわ

このクオリティのワイヤレスイヤホンが5980円で買えるのすごい!

同じ曲・音量で聴き比べてみましたが、AirPodsProに比べて音の迫力は劣るものの、とても聞きやすい音です。

音楽に包まれているような、音の臨場感があるのはAirPods Pro。

ACEFAST T2は臨場感と音質にはちょっぴり欠けますが、十分綺麗な音質です。

あとちょっぴり音質がよかったらAirPodsProと同じレベルかなと。

ずっと聴いていると慣れて、あまり違いが分からなくなってきます。

ノイズキャンセリング機能|弱い気がする

ACEFAST T2のノイズキャンセリングが分かりにくい

私の耳が悪いせいもあると思うんですが、ノイズキャンセリング機能が弱いです。

イヤーチップのせいかなと全てのサイズを試したり、耳の奥にしっかり装着したり、向きを変えてみましたが、ほんのちょっぴり音が遮断されたかな?くらいでした。

手を叩く音は普通に聞こえ、キーボードを叩く音は少し消える程度です。

びわ

びわ

私の耳が悪くて感じとれないのだと思いますが、ネットで調べてみると、ノイズキャンセリング機能に満足する口コミがとても多いです。

バッテリー|イヤホン単体で7時間再生はすごい

イヤホン単体で最大7時間再生できるACEFAST T2

AirPods Proはディスコードや電話などで使用していると、あっという間に電池が無くなってしまって困っていました。(AirPods Proは再生4.5時間・最大3.5時間ですが、実際はもっと早く電池がなくなる気がする)

AceFast T2は、イヤホン単体で音楽や通話が最大7時間も使えます

さすがに7時間も通話することはないかな?とは思いますが、バッテリーをあまり気にすることなく使えるのは、とても助かります

ACEFAST T2を使って感じた いいところ・悪いところ

デメリット
  • ケースが黒なのでほこりが目立つ
  • せっかく可愛いケースなのにカラーがブラックのみ
  • モードを切り替えるたび音声が流れる
  • ノイズキャンセリング機能が弱い
  • 髪を耳にかけるときなど軽くタッチするだけで音楽が止まってしまう
  • AirPods Proに比べると音の臨場感に欠ける

メリット
  • 超軽量だからポケットやバッグが重くならない
  • イヤホンをケースから取り出すだけで自動接続
  • イヤホン単体で最大7時間もつのでバッテリー残量をあまり気にせず通話・音楽再生できる
  • ほしい機能がしっかり入って5000円台で買えるのでコスパがいい
  • 外で気軽に使える価格と軽さ

ここまでズバズバ書いちゃっていいのかなと不安になるくらい、デメリット・メリットを全て書き切りました。

まとめ|1万円レベルのイヤホンが1万円以下で買えるなんて

ACEFAST T2のレビューまとめ

使っていて思うのは、Air Pods Proが3万円なら、ACEFAST T2は1万くらいしてもおかしくないレベルです。

音楽にどっぷり浸りたい、周りの音から完全に遮断されたい、価格よりも音質、そういう人はAirPodsProを選べば間違いありませんが、何か作業しながらや通勤・通学のときに毎日気軽に使えるACEFAST T2はは本当にいいです。

コードがない小さなワイヤレスイヤフォンだからこそ、紛失の恐れもあるし、急な雨などで故障する可能性だってある。

私は料理や掃除など家事をしているときによく使いますが、「落としたらやばいな」と思うシーンが結構多いんですよね。

IPX4の防水機能はあるものの、料理中に鍋の中にぽちゃんと入ってしまったら終了ですよね。

低価格なワイヤレスイヤホンなら、失くしたり壊れても最悪買い換えられるので、普段使いにもってこいだなとしみじみ感じました。

外で使うことが多い人は、1万円以下で買えるコスパ最強のAceFast T2をおすすめしたい

びわ

びわ

ここまでしっかり作られたワイヤレスイヤホンが、5980円で買えるのに驚きです。お試ししやすい価格だと思うので、ぜひあなたも使ってみてください〜!

びわ

びわ

ブログ歴3年のびわと申します。このブログでは、好きなガジェットやブログ運営に役立ったモノなどをメインにご紹介していきます。お気軽にコメントや、Twitterなどで仲良くしていただけると嬉しいです!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。