Gutenbergで記事を早く書く|Markdownとショートカットキーで効率アップ

3 min 174 views
WordPressのGutenbergで記事を早く書く方法

Gutenbergで記事を早く書くには、「Markdown(マークダウン)記法」と「ショートカット」を使うのがおすすめです

「マークダウン?なにそれ難しそう!」と思うかもしれませんが、Markdown記法は段落に文字を打つだけ・ショートカットは複数のキーを押すだけなので、とても簡単で、記事を書くのがスムーズになります。

通常、ブロックを追加するには+ボタンを押しますが、この方法ではMarkdownに比べ、時間がかかってしまいます。

\ ストップウォッチで測ってみました /

Markdown
  • 見出し追加は+ボタンは約7秒、Markdownは約3秒かかった
  • リスト追加は+ボタンは約5秒、Markdownは約3秒かかった

Markdownを使えば、見出しやリスト挿入が、1秒〜4秒ほど早くなる。

また、ブロックの削除では、+ボタン3秒かかり、ショートカットを使うと2秒でした。

たった1秒や2秒、3秒の違いでも、なんども繰り返すうちに大きな差となります。

見出しやリストを早く挿入できれば、その分文章をじっくり考える時間に当てることができ、効率よく記事を書けるようになります。

  • Gutenbergが使いにくい
  • ブロック追加するのがめんどくさい

そう思っているあなたに、このページではブログを書くスピードが上がる「Markdown記法」や、「便利なショートカットキー」を厳選してご紹介していきます。

  • 見出しを追加する
  • リストを追加する
  • ブロックの複製・削除
  • 太字にする
  • リンクを挿入・削除

があっという間にできますよ。

Gutenbergで記事を早く書く方法

Gutenbergでは、「+ボタン」からブロックを1つ1つ追加していくので、どうしても時間がかかり、クラシックエディタに戻ってしまった…という人も少なくないはず。

Gutenbergで使えるMarkdown記法や、ショートカットを知ることで、「+ボタン」を押す回数がガクンと減るので、その分記事を書くのが早くなります。

びわ

びわ

このページで、1つでも覚えていただけたら嬉しいです。

Gutenbergで使えるMarkdown一覧

これからご紹介する文字を段落に入力するだけで、見出しやリストに変更することができます。

スペースがあるものは、忘れずに入れてください。
「」はいりません。「」の内側の文字を段落に打ってください。

ブロックMarkdown
H2「## 」
H3「### 」
H4「#### 」
箇条書きリスト「- 」または「* 」
番号振りリスト「1. 」
引用「> 」
区切り線「—」(-が3つ)

今までは、

  • +ボタンから、見出しを探して選ぶ
  • 再利用ブロックから色などを調節した見出しを探して選ぶ

2つのどちらかで見出しを挿入していました。

たったの2ステップですが、見出しのたびとなると、時間もかかりますし、意外と面倒ですよね。

見出し(H2とH3)を挿入する時間をためしにストップウォッチで測ってみると、+ボタンは18秒、Markdownは5秒で比べると13秒も差があることに気づきました。

H2だけでは、+ボタンからは7秒かかり、Markdawnは3秒で挿入できました。

びわ

びわ

H2の挿入時間は、比べてみるとたったの4秒しか変わらないと思うかもしれませんが、体感的には全然違います

「塵も積もれば山となる」と言うように、最初はたったの4秒の差でも、見出しの挿入を繰り返していくたび、どんどん広がっていってしまいます。

なので、Gutenbergを使うときは、見出しを「## 」・「### 」・「#### 」で挿入してみてくださいね。

リストはついつい+ボタンから挿入してしまいがちなので、早く慣れなくちゃ…!

【Mac・Windows】便利なショートカット

ショートカットを使いこなすには、ショートカットで頻繁に使うキーを覚える必要があります

macのショートカットキー
Mac

Windowsのショートカットキー
Windows

Macは4つありますが、Windowsは3つのキーだけなので覚えやすいですね。

びわ

びわ

Macのキーが難しすぎていまだに覚えきれない…!笑

覚えておきたいキー

MacWindows
Ctrl
Alt
Shift
^

では、記事を書くスピードが上がるショートカットをご紹介していきます。

ショートカット一覧

ショートカット一覧MacWindows
ショートカットキーの一覧を見る^と⌥とHShiftとAltとH
変更を保存⌘とSCtrlとS
直前の変更を取り消し⌘とZCtrlとZ
前回の取り消しをやり直す⌘と⇧とZCtrlとShiftとZ
ブロックタイプの変更//
選択したブロックを削除^と⌥とZShiftとAltとZ
選択したブロックを複製⌘と⇧とDCtrlとShiftとD
選択したブロックの前に新しいブロックを挿入⌘と⌥とTCtrlとAltとT
選択したブロックの後に新しいブロックを挿入⌘と⌥とYCtrlとAltとY
選択したテキストを太字にする⌘とBCtrlとB
選択したテキストをリンクに変換⌘とKCtrlとK
選択したリンクを削除⌘と⇧とKCtrlとShiftとK
入力中の全てのテキストを選択⌘とACtrlとA
びわ

びわ

私は「変更を保存」や、「⌘とCでコピー」、「⌘とVでペースト」を頻繁に使っています。

絵文字をよく使う場合は、Macなら「⌘と^とスペース」で簡単に挿入できます。

一度覚えたら、+ボタンをいちいち押さなくてよくなるので、今までよりもスラスラ記事が書けるようになりますよ

全て覚えるのは大変ですが、使っていくうちに少しずつ覚えられるので、まずは1つだけでも覚えていただけたら嬉しいです♪

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました。

びわ

びわ

ブログ運営歴2年3ヶ月。長崎に住んでいるびわと申します。このブログでは、私がブログを書くときに役立ったものを紹介していきます。お気軽にコメントや、Twitterなどで仲良くしていただけると嬉しいです!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。