本日の購入で楽天ポイント最大7倍

セリアとダイソーの黒板・黒板シート・黒板塗料を購入したのでまとめる!

5 min 5,047 views

100均のセリアやダイソーで売っている「黒板シート」や「ミニ黒板」などの黒板アイテム。

爆発的に人気が出た黒板シートは、その名の通り『貼るだけ』で黒板になってしまうリメイクシートです。

ミニ黒板は、置くだけでおしゃれなインテリアになります。

黒板シートとミニ黒板は、実際にチョークで文字を書くこともできるので、

アイデア
  • ドアや壁に貼って家族の伝言板として使う
  • 子どものお絵かきボードとして使う
  • 子どものままごとキッチンの看板に使う
  • カフェ風のおしゃれボードとして使う
  • キッチンの吊り戸棚に貼ってチョークでメニュー表を書きカフェ風DIY
  • 収納ボックスなどの小物に貼る
  • ラベル代わりに使う
  • ダンボールに貼ってオシャレな備蓄ボックスにDIY
  • 好きな形の木や段ボールに貼ってランチョンマットとして使う
  • 冷蔵庫に貼って食材の賞味期限をメモするのに使う

など、幅広い使い方ができる万能アイテムです。

貼るだけ・置くだけで、どこでも黒板に大変身。

このページではセリア・ダイソーの黒板シートやミニ黒板など「黒板アイテム」のレビューと比較をしていきます。

びわ

びわ

いつか壁一面黒板にして、子供に思い切り落書きさせてあげたいなと考えております!

広い範囲に黒板シートを使いたい場合は、100均のものはサイズが小さいので、ネットで大きめのサイズを購入するのがいいですよ。

セリアとダイソーの黒板シートを比較していきましょう!

セリアとダイソーの黒板シートを徹底比較

セリアとダイソーのどちらにも、それぞれ黒板シート・黒板塗料・黒板が売っています。

ここではその中の黒板シートについて、徹底的にまとめていきます。

セリアの黒板シートのサイズや特徴

seria黒板シート
セリアの黒板シート ブラック

seria黒板シートのアップ
セリアの黒板シート グリーン

セリアの黒板シートは、ブラックとグリーンの2種類のカラーがあります。

お店の人に聞いてみたところ、黒板シートのカラーブラックが特に人気だそうです。

マットで本物の黒板のような質感。

裏面がシールタイプになっているので、貼るだけでどこでも黒板にすることができます。

サイズは約30×45cmで、筒状になっています

びわ

びわ

黒板シートと聞くと、ツヤっぽくて偽物っぽく感じたら嫌だなと思っていましたが、全然そんなことはなく、本物のような質感です。

セリアにはブラックボードシートと黒板シートの2種類が売っているので注意

私は「ブラックボードシートが黒板シートなんだよね?」と購入したのですが、やたら光沢があるので疑問に思い色々と調べてみました。

以前セリアで購入した大量のリメイクシートの中に、ブラックボードシートとは違う「黒板シート」を見つけ、このとき初めてブラックボードシートと黒板シートは違うことに気付きました。

セリアのブラックボードシートのサイズや特徴【黒板シートに比べ光沢がある!】

セリアのブラックボードシート
ブラックボードシート

光沢がありツヤツヤしているセリアのブラックボードシート。

まさにホワイトボードのブラック版です。サイズは約30×45cmです。

f:id:imuh:20180201152723j:image
ツヤツヤしている

実際の目で見てみると、黒板シートとの違いがよく分かります。

黒板のようなマットな見た目がお好みならば、ブラックボードシートではなく黒板シートを購入しましょう。

セリアには、黒板シートとブラックボードシートがあるので注意!
ブラックボードシートはツルツルしているので、チョークでは何も書けません。

f:id:imuh:20180322122445j:image

ブラックボードシートは、表面のツルツルのせいでチョークで何も書けませんでした。

ブラックボードシートには、ホワイトボード用のペンを使うときれいに文字が書けます。

チョークで絵や文字を書きたい場合は、黒板シートを購入してください。

セリアでは黒板塗料・本物の黒板も売っている

セリアの黒板塗料とミニ黒板

セリアには、黒板シートだけではなく、「黒板塗料」や、本物の黒板「インテリアミニ黒板」も売っています。

ミニ黒板は、小さいですが本物の黒板なので、ズッシリと重くてしっかりとした作りです。サイズは約30×20cm。

インテリアミニ黒板の他には、黒板の周りに木のフレームが付いたタイプが2種類売っていました。

▼ セリアの手作りレシピを参考にすれば、インテリアミニ黒板がこんなにも変わる!

f:id:imuh:20180320160527j:plain

出典:無料手作りレシピ(作り方)ダウンロード | Seriaの手作り広場 | 100円ショップのSeria(セリア)

f:id:imuh:20180322132432j:image

塗るだけで黒板になるという黒板塗料「黒板ペイント」。

60ml入っています。

カラーは2種類あるとネットで見たのですが、私が行った店舗に売っていたのはグリーンの1種類しか売っていませんでした。

違う店舗で見つけたら、購入してきます。

ダイソーの黒板シートのサイズや特徴

ダイソーの黒板シート

ダイソーには黒板シートのブラックが大量に売ってありました。

大量に置いてあれば「せっかくお店まで行たのに売り切れてた」という心配がなく、助かります。

ダイソーの黒板シートは45×35㎝。セリアよりも少し大きいので、ちょっと得した気分になります。

セリアとダイソーの黒板シートの質感は、どちらも同じようにマットな質感です。

ダイソーでは黒板塗料・本物の黒板も売っている

ダイソーの黒板塗料と本物の黒板

セリアと同じように、ダイソーでも「黒板塗料」「本物の黒板」のどちらも売られています。

本物の黒板は「ブラックボード(木製インテリア)」という商品名で、サイズは約30×20cm。

ダイソーも本物の黒板なのでズッシリと重たいです。

やっぱり本物の黒板は、黒板シートよりもかっこいいです。

黒板にコツコツコツとチョークで書く音がたまりません。

ダイソーの黒板ペイント

ダイソーにも「黒板ペイント」という塗るだけで黒板になる塗料があります。

60ml入り。セリアの黒板ペイントと同じ量が入っており、ブルー・ブラック・グリーンの全3種類のカラーがあります。

私が買いに行ったときは、残念あがらブルーとブラックの2種類しか売っていませんでした。

黒板シート・本物の黒板・黒板塗料それぞれのメリットデメリット

黒板シート・黒板・黒板塗料。 どれも結局は同じでしょ?と思いますが、実はそれぞれ全く違ったメリットとデメリットがあります。

黒板シート

黒板シートのメリット・デメリット
  • 広い範囲に貼ると空気が入りやすく、継ぎ目が気になる
  • 見た目の質感がシールっぽい
  • 裏がシールになっているので簡単に貼ったり剥がしたりできる
  • ハサミで切れるので色んな形のものを黒板にできる

大きな面積を黒板にしたい場合は100均の黒板シートではなく、ネットで大きいサイズの黒板シートを買うと綺麗に貼ることができます。

本物のミニ黒板

本物のミニ黒板のメリット・デメリット
  • ズッシリと重たい
  • 100均に売っている黒板は小さい
  • ウェルカムボードなどちょっとしたDIYに使える
  • 置くだけでそのままインテリアとして使える
  • 本物なので近くで見てもお洒落
  • コツコツコツとチョークで書く音が気持ちがいい

黒板にチョークで書く音が好きな私。

コツコツコツという音が好きなので、セリア・ダイソーのミニ黒板にメモする用として使おうと思っています。

黒板になる塗料

黒板塗料のメリット・デメリット
  • 自分で塗る手間がかかる
  • 水性なので耐久性が低い
  • 準備するものが多い(ハケ・養生用のマスカー・マスキングテープ・紙やすりなど)
  • 壁一面黒板にしたい場合は量が足りない
  • 空き瓶の蓋を塗ってチョークでそれぞれ名前を書けばお洒落に収納できる
  • 複雑な形のものを黒板にしたいときに使うのがおすすめ

60mlしか入っていないので、壁一面やドア一面を塗るには量が足りません。

広い範囲を黒板にしたい場合は、黒板シートを使うのが楽です。

ビンのフタなど、黒板シートでは貼りにくい複雑な形のものは、黒板塗料で塗るときれいに仕上がります。

また、黒板塗料は一度塗ってしまうと、塗料を落とす作業が大変です。

リメイクシートを貼るだけならば、はがすだけなので片付けるときも楽になります。

黒板塗料は塗るのに時間がかかってしまいますが、黒板シートは階段やドアなど、好きなところに貼るだけなのですぐにDIYできて楽しいです。

びわ

びわ

賃貸にお住みの方なら、リメイクシートを使うとお家を色々とDIYしていけますよ。

セリアのブラックボードシートとダイソーの黒板シートを比較

セリアのブラックボードシート・ダイソーの黒板シート
左がセリアのブラックボードシート・右がダイソーの黒板シート

左がセリアのブラックボードシート、右はダイソーは黒板シートです。

ブラックボードシートは黒板シートとは違って、ツヤツヤしています。

▼ 左がセリアのブラックボードシート、右がダイソーの黒板シート

f:id:imuh:20180320151347j:plain
こうしてみると全然違う

近くで見るとセリアのブラックボードシートは光沢ツヤがあり、かなりツルツル。

それに比べて、ダイソーの黒板シートはマットでザラザラな質感です。

セリアとダイソーの黒板シート比較

▼ 左がセリアの黒板シート、右がダイソーの黒板シート

セリアとダイソーの黒板シートを比較
左がセリア・右がダイソー

どちらもマットな質感で、あまり違いはありません。

  • セリアの黒板シートは、30×45cm
  • ダイソーの黒板シートは、45×35cm

とダイソーの方が少しサイズが大きいくらいです。

黒板として使っても良いし、何も書かずに貼るだけでもインテリアがお洒落に変身しそう。

私は階段に貼る予定です。

セリアとダイソーの本物の黒板比較

左がセリア「インテリアミニ黒板」、右がダイソー「ブラックボード」

セリアとダイソーの本物の黒板を比較

セリアのインテリアミニ黒板と、ダイソーのブラックボードは、正直違いが分からないほど似ています。

▼ 実際にチョークでも書いてみましたが、ほとんど違いを感じませんでした。

f:id:imuh:20180322141320j:image

セリアの黒板とダイソーの黒板に、一度チョークで書いて消してみました。

びわ

びわ

きれいに消すのが思ったよりも大変で、学校にある「黒板消し」の存在って尊いんだな〜と実感。

置くだけでおしゃれ感が増すので、1つあれば楽しいかもしれません。

セリアとダイソーの黒板塗料を比較

▼ 左がセリアの黒板ペイント、右がダイソーの黒板ペイント

セリアとダイソーの黒板塗料を比較

セリアは残念ながら1色しか見当たらなかったのですが、実際に次回木材に塗って比較してみようと思っています。

まとめ :セリアにもダイソーにもそれぞれ3種類の黒板アイテムがある!

セリアにもダイソーにもミニ黒板・黒板シート・黒板塗料の3種類がありました。

その中でも、貼るだけで黒板にリメイクできるリメイクシートは万能です。

セリアもダイソーも似ている商品が多いですが、この黒板シートがあればDIYの幅も広がりますよね。

なんにしろ、黒板なんて男前でかっこいい。

黒板アイテム、ぜひ使ってみてください。

最後までご覧いただき、本当にありがとうございました!

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。