Amazon Prime Readingで読み放題で本を読む方法

Amazon Prime Readingを無料で読む方法

皆さまこんにちは! 私はつい最近Amazonプライム会員デビューしたのですが、定期的にAmazonからオススメの商品の案内などのメールが届きます。 10/5に届いたAmazonからのメールには「Amazonプライムの新特典のお知らせ」と書かれていました。  

びわ

新特典だとぉ!?何だろう?ちょっとメール真剣に読むね。
  Fireタブレットを購入したのでAmazonプライム会員になった  

Prime Readingとは?なんと対象の本が読み放題!

Amazon Prime Readingの対象本   Amazonプライム会員ならば、Kindle本、マンガ、雑誌、限定タイトルも追加料金なしで読み放題の新しいプライム特典のことです。 まずサッと目を通して驚いたのが、「読み放題」という文字。   しかも、さまざまなデバイスから使えるというところもいいですよね。 空いた時間にサッとスマホから読んだり、お家でゆっくりKindleタブレットで読んだり。   今までは、無料で読めるのはKindleオーナーライブラリーで毎月一冊のみでした。 しかし、プライム会員であれば、対象の本が「読み放題」なんです。  

びわ

Prime Reading凄すぎませんか!?
 

本の種類や数について

みなさん

始まったばかりの”読み放題”って、どうせ種類や数が少ないんじゃないの?
と思う方もいらっしゃると思うので調べてみました。  
MEMO
2018年7月10日追記 761冊ありました!
  761冊の中の本を読めるなんて嬉しいですよね。しかも、今までKindleオーナーライブラリで毎月一冊無料の対象だった本とかもありました。 読み放題だからと言って質が悪い!という訳でなく、普通にRayなどの雑誌もあり、びっくりしました。  

Prime Readingの本を読む方法

  まずどのようにPrime Readingを読むことが出来るのか、やり方を説明していきます。   「Prime Reading」とAmazonのプライム会員のページで検索すると、対象の本の一覧が画面に表示されます。 その中から、読みたい本を選び、黄色いボタンの「無料でお読みいただけます」のボタンを押します。   すると別の画面に移動するので、「読み放題で読む」所を押します。  
POINT
この「読み放題」は、レンタルさせてもらっている本という感じなので、返却などしたくない!というほど気に入った本の場合は、お金を支払って購入も出来ます。
  今回はスマホで読んでみたいので、Kindle for iPhoneという所を押します。(またはAndroid)   すると、アプリを使った事がない方には、インストールする画面に誘導してくれます。 アプリをインストールし、開いてみるとサインインの画面になりますので、入力します。   入力が出来たら、サインインを押し、右上の×︎印を押します。 +になっていると思うので、そこを押してダウンロードします。 そして、ダウンロードが終わると読めるようになりました。  

Prime Readingの返却方法

  Amazonプライムにログインした状態で、トップ画面から、PrimeReadingに移動します。 画面が移動したら、「マイライブラリ」を表示を押すと、返却する画面に移動するので、返却するというボタンを押すだけです。  

まとめ:Amazon Prime Readingには結構な本の数がある!

Prime Readingの感想   これから本の種類や数がどんどん増えていってくれたら、かなり楽しめると思います。 今コミックは、スマホのアプリから毎日1話無料などで読めてしまうので、Prime Readingでコミックや雑誌はあまり使わないかもしれません。  

びわ

そういえば私、普段からあまりコミックや雑誌を読まないんだった。
  久しぶりにPrime Readingの本を読もうと調べてみると、なんと堀江貴文さんの多動力があり感動しています。他にも、ビジネス本などは読んでみたいものが1冊か2冊あったので、実際に読んでみたいと思います!   Prime Readingは、これからどうなるのか楽しみです。どんどん充実していってくれたら嬉しいです。   今の段階だと、Prime Readingはあまり使うか分からないところですが、プライムビデオやプライムミュージックなどはかなり充実しているので、それだけで満足しています。  

アマゾンプライム会員へ登録する

  最後までご覧いただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です